125ccバイクはなぜ楽しいのか?

楽しい!便利!経済的!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

125cc最大の魅力はアクセルを開けきれる快感

cbr125rメーター周り

125ccを含む小排気量車の魅力はなんといっても非力な事です。
一見デメリットのように思えますが、個人的には最大の魅力だと思っています。

例えば決して大きな排気量とは言えない250ccエンジン。
それでも回転を上げて乗る機会はどれほどあるでしょう?

追い越しの瞬間、信号待ちから飛び出して車の流れと距離を置きたい時、
高速道路の追い越し加速.........日常的な加速なら少しアクセルを開けるだけで事足ります。
思ったほどエンジンのパワーを使うシーンはないものです。

峠道を楽しく走っている時ですらよほど技術がないと
アクセルを大きく開ける事は出来ません。
排気量が大きくなればなるほどアクセルを大きく開ける機会は減って行きます。

ところが小排気量車はアクセルを開けないと走れません。
ちょっとした追い越しでもエンジン全開で加速出来ます。
アクセルを開けても大した出力がないのです。
日常ユースでも車の流れに乗って走ろうとすると
アクセルを大きく開ける機会に沢山出会います。

アクセルを大きく開ける.....
オートバイの大きな楽しみの一つです。
快感と言っても良いと思います。
小排気量車はアクセルを開ける楽しみに沢山出会える乗り物です。

小排気量と言っても50ccだと物足りなく感じてしまう事でしょう。
125ccだって基本的には非力です。
でも回転を上げる事で力強く走る事ができます。
とてもバランスのとれた排気量なのです。

もちろん、一般公道では交通ルールを守って
安全運転しなければなりませんよ。
でも125ccは交通ルールの中でもアクセルを
大きく開けられるシーンに沢山出会える乗り物なのです。
スポンサーサイト

スクーターからスポーツタイプまで125ccバイクはバリエーションが豊富

125ccバイクは車種こそ少ない物のバリエーションが豊富でとても面白いカテゴリーです。

現在、国産4メーカーともスクーターが主力になっていますが、
ホンダがスポーツタイプをカワサキがオフロードタイプを投入しています。
新車で色々なタイプが選べる状況にあり、今後の盛り上がりが期待されます。

原付の名車「ホンダ スーパーカブ
ホンダスーパーカブ110
スーパーカブにも110ccのラインナップがあります。

一番車種が豊富な人気のビッグスクーター
ヤマハ シグナスX
ヤマハシグナス

本格派スポーツバイクだってラインナップされています。
ホンダCBR125
ホンダCBR125R

125ccオフロードは本当に面白いんです。
カワサキ KLX125
カワサキ KLX125

ホンダが投入したスーパーバイク風125cc「GROM」
ホンダ GROM
ホンダ GROM

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

125ccバイクは維持費が安い!

125ccバイクの大きな魅力はその経済性です。

オートバイには軽自動車税がかかります。
軽自動車税
91cc〜125cc 1,600円/年
125cc〜250cc 2,400円/年
250cc以上 4,000円/年

オートバイには重量税がかかります。
126cc〜250cc 6,300円/新車購入時
251cc以上 5,000円/新車購入時と車検時
125ccバイクには重量税がかかりません。

自賠責(強制保険)の保険料も125ccバイクは安く設定されています。
125cc以下 7,280円/年
125cc〜250cc 9,510円/年
250cc以上 9,180円/年
*自賠責は複数年契約する方がお得です!

一番差が大きいのが任意保険です。
条件で保険料は大きく異なりますのであくまで例です(新規加入/21歳未満不担保)
126cc以上 30,000〜40,000円/年
125cc以下 15,000〜20,000円/年
自動車を所有しておられる方なら、自動車の任意保険にファミリーバイク特約をつける事も可能です。
保険会社により保険料は異なりますが、バイク保険単体で入るより安くなる場合があります。

排気量が小さいので燃費が良い事も125ccバイクの利点です。
維持費で考えると50ccバイクとほぼ同じです。
やはり125ccバイクは経済的です。

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。